MENU

【家族登山記録】娘と五井山!子連れ登山に向いている?現地調査してきました!

妻が蒲郡の友人の家に行くということで、自分は娘と五井山に行ってきました。

五井山は以前から娘と行きたかった山です。

あわせて読みたい
【2024年春】子供を背負って登りたい東海の山5選 子供が生まれて10か月ほど経過し、そろそろ家族みんなで登山に行きたいと考えている今日この頃です。 しかしながら、まとまった時間が取れないため、近場の東海の山が良...

今回は五井山に娘を背負って登って気づいたことと、山行計画について記します。

この記事で分かること

・五井山の実際の山行記録

・子連れで五井山を登る際のポイント

目次

五井山に子供を連れて行く際のポイント

今回使用した五井山の妙善院ルートについて、子供をベビーキャリアで連れて行く際のポイントを記載します。

他のルートの場合は異なる場合が有る点、ご留意ください。

山行(行動)時間が短い

登山口の妙善院から1時間ほどで山頂に着けます。

お昼前に登山を開始しても十分時間を確保出来るのがメリットです。

また、キャリアに乗っている子供が飽きてしまう前に、山行を終了出来るのもポイントです。

山頂のスペースで子供と遊べる

山頂は見晴らしの良い広場となっており、小さい子どもが歩いたり、座って遊べる程度のスペースがあります。

また、三河湾が望めるロケーションで、大人も満足できる点もメリットです。

一方で公園の様な広さはなく、バドミントンやフリスビー等場所を取る遊びはできない点に注意してください。

木陰とベンチがあります。三河湾が一望できる良い場所でした。

登山口付近に害獣避けの罠、電気柵がある

登山口付近に、イノシシ避けの電気柵や罠が有りました。

今回は娘をキャリアに入れて歩いていたので問題無かったですが、

子供と歩いて登る場合、これらの設備に不用意に触らないよう注意が必要です。

結構大きなイノシシの罠が仕掛けられていました。
小学生くらいの子供なら入れそうです。
電気柵には注意版もありましたが、不用意に触らないよう保護者が見ておく必要があります。

急登

1時間ほどで山頂に着ける半面、ジグがあまり無く、勾配がきつい登山道でした。

特に三河湾スカイライン(県道525号)を横切ってからがキツく、体感では20°前後の勾配と思われます。

子供の歩幅だとさらにキツくなる登山道だと感じました。

写真だと伝わりにくいですが、ステップの大きい急勾配の登山道でした。

登山道が部分的に不明瞭

倒木や枝葉が登山道に延びており、一部不明瞭な箇所がありました。

不明瞭な箇所には看板が設置されており、辺りを見渡せばわかるようになっています。

設置されている看板に加えて、地図やGPSを良く確認して登るようにして下さい。

子供と歩いて登る場合は、離れて歩かない様に注意が必要です。

五井山について

愛知県蒲郡市の最高峰で、標高は454.2mです。

海岸線から10km程度の距離であり、山頂からは三河湾を一望できます。

名電赤坂駅からの宮路山を経由する縦走コースは、多くの登山者から人気を集めています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは~
えびです!
大学で登山を始めて狂ったように山に行っていましたが、同じく山好きの奥さんと2022年に結婚しました。
"夫婦で如何に山に行くか"をテーマにしてブログを綴っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次